冷凍、冷蔵設備、ショーケース設備、空調設備の設置やメンテナンスは菱和冷熱工業へ。

0952-25-2615

有限会社 菱和冷熱工業

〒840-0857
佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸3167-1
TEL:0952-25-2615
FAX:0952-25-2620

菱和冷熱工業の採用情報

2008年入社
飛石 和昭  Kazuaki Tobiishi        技術員

Q.飛石さんの職歴は? ー 私はこの会社に入る前はプレスを行う会社に勤めていました。Q.仕事の魅力を一言でいうと? ー 他の人も言ったかと思いますが、達成感や充実感ですかね。うまく伝えられないですけど、やってみればその感覚を体験できると思います。Q.話は飛びますが、社長はどのような方ですか? ー 一言でいうと職人ですね。多くは語らないですが、温かく優しい人です。社員にもよく『手に職を身に着けさせたい』とおっしゃっています。業界的には目立たない仕事ですが、日本は寒暖の差があり、空調は生活するうえで必需品です。それをメンテナンスする技術はこの先も必ず必要とされるもので、その技術を社員一人ひとりに身に着けさせたいとおっしゃっていました。

2012年入社
平方 浩喜  Hiroki Hirakata        技術員

Q.平方さんはどのようにしてこの会社に入社されたのですか? ー 私は以前、ディーラーで自動車整備士をやっていました。そこから社内移動で営業職を経て、設備関係の会社へ転職しました。今この会社へお世話になっているのは前職時代に社長と知り合ったからです。Q.こちらの会社に入社されてどうですか? ー 私は今まで色々な会社、そして業務を経験しましたが、間違いなく言えるのは、この会社がこれまでで一番良い会社だということです。考え方は人それぞれなので一概には言えませんが、私個人の感想としては、これは断言できます。Q.どのようなところが良かったのですか? ー 私はもともと車の整備をやっていて、俗に言う技術屋です。そこから営業職へ異動になったのですが、数字を持つような仕事よりもこちらの方が性に合っていたんでしょうね。営業職としてバリバリ数字を追いかけるのもいいですが、必ずノルマが付きまといます。数字を物差しにするよりは、自分自身を物差しにして、昨日よりも今日、今日よりも明日という感じで技術力を高めていきたいですね。あと、職場の雰囲気も非常にいいですね。渕上君も言っていましたが休みがきっちりしているところも他の会社との違いですね。

代表者メッセージ

昨今、様々な業界でオートメーション化が進み、製造業に至ってはそのほとんどの役割が人からロボットへと移ってきました。
さらに追い打ちをかけるかのように、オックスフォード大学でAI(人工知能)に関する研究結果が発表され、将来消えてなくなる職業が公表されました。驚くべきことに、その中には弁護士から警察まで、これまで想像もしなかった職種が無くなると予想されています。そのような中、設備のメンテナンスなど行う仕事は、今後AIが進歩しようとも無くならないと予想されています。それは何故か?機械が機械を直すことは難しく、機械は人の技術から生まれるからです。
『手に職をつける…』それは一人の人間として生きる術を得る大切なことです。また、弊社が置かれる冷凍冷蔵設備の業界は、四季のある日本においては多方面で必要とされる業界であり、地球温暖化が進み、気候変動が激しさを増す中で更なる需要が期待される業界でもあります。
このサイトをご覧になり、興味を持っていただける方、共感いただける方をお待ちしています。

求人内容やご応募に関しての疑問・質問ございましたら、
お電話、またはメールでご遠慮なくお問合せください。
あなたのご応募をお待ちしております。

メールでお問合せ >>
受付:08:00~17:30

0952-25-2615

採用情報

新卒採用

現在、募集は行っておりません。

中途採用

機械修理員・配管工(正社員)

ページトップへ